准看護師に人気の職場ランキング

准看護師に人気の職場ランキング

准看護師に人気の職場ランキング

准看護師の求人探しは、正看護師と比べると、求人数の少なさや、募集している施設に偏りがあります。
そのため、希望通りの職場を探すには、ちょっとしたコツが必要です。
この記事では、准看護師が職場に求める条件や、准看護師だからこそ職場に求められるものについてご紹介します。

准看護師が職場に求める条件ランキング【TOP5】

准看護師は正看護師に比べ、残業や夜勤が少ないといったメリットもありますが、年収が低くなりがちといったデメリットもあります。下記を参考に求人を探す場合、看護師専門の転職サイトに登録するのも1つの手です。希望を専任の転職コンサルタントに伝えて、より良い条件の求人を探してもらうことができます。

1.年収や待遇が優れている

一般的に准看護師は正看護師よりも給与水準が低いとされています。
正看護師との給与差に強い不満や悩みを抱く方も少なくありません。同じ職場で同様の業務、拘束時間で働いているにもかかわらず、正看護師と准看護師の間で年間70万円~80万円の年収差が出るなんてことはめずらしい話ではなく、この給与格差が准看護師の勤労意欲を削ぐ原因になるケースも目立ちます。

業務のハードさ、仕事量の多さ、労働環境の厳しさを考慮すると、行っている仕事に対して妥当な報酬が得られているとはいえないのが実情でしょう。
しかし一方で、看護師としての経験が浅くても職場によって、看護師の平均給与以上の報酬を得ている方ももちろんいます。より安定した年収や待遇を希望する場合には、求人内容をよく確認することが大切です。

2.残業や夜勤が少ない

日勤専従の場合を除き、准看護師の仕事も正看護師と同じように、必ず夜勤の仕事がつきものです。
夜勤は、日勤業務と比べると、精神的にも肉体的にも体への負担が大きい勤務になります。さらに、交代制勤務は体内リズムの乱れにより健康を損ねやすい働き方になります。

しかし、人手不足を理由に、無理なシフトを組んで、働くスタッフの健康を害するような働かせ方をする病院も中にはあります。
そのため、准看護師が職場を選ぶ際には、その病院がどれだけ「夜勤で働く看護師の健康を守るために配慮しているか」を確認することは、あなたが長く健康的に働き続けられる職場で働くためには欠かせない条件です。

3.准看護師の教育体制がしっかりしている

看護師で未経験の方は、研修などの教育制度が整っている病院を選ぶようにしましょう。
未経験者であっても、准看護師資格をもっていれば雇用したいという病院は多くあります。
しっかりと研修などを行ってくれる、教育面が充実している病院もあるのです。
准看護師資格をもっている未経験の方は、よい支援をしてくれる場所とよい環境を見つけてください。

4.正看護師など、資格取得の支援制度がある

福利厚生において看護師の研修、教育制度に対して補助金や助成金を出している病院は多く、奨学金制度や資格取得支援金制度を設けている病院もあるようです。
資格取得を目指している看護師には休職を認め、給与や賞与の70%を支給するなど、資格取得がしやすい環境を提供しています。

通信教育を受ける際には奨学金制度の利用や入学金、授業料など資格取得での受験や受講にかかる費用を病院ですべて負担するなど、助成金や補助金で支援しています。自己学習の場として図書室の利用を自由にできるなど、学習しやすい環境も整っています。
病院によっては研修旅行の場合、研修費だけではなく研修旅行の交通費なども支給していきます。こういった支援によって、研修旅行への積極的な参加ができるような環境が目指しているようです。

5.准看護師の在籍数が多い

准看護師が働きやすい職場を選ぶ際に、一番わかりやすい基準となるものは「准看護師が多く在籍している」ということです。
一般的に准看護師が多く在籍している職場では、正看護師と准看護師の役割がきちんと分けられていることが多く、そのため「正看護師と同じ仕事なのに給料だけ安い」という不満は少なくなります。
また、准看護師が多く働いている職場では、准看護師であっても昇進をする機会が多くなります。

さらに、活躍している准看護師が多い職場では「正看護師が上で准看護師が下」といった准看護師に対する偏見の目はなく、看護師としての仕事への取組みの姿勢を最重視してくれる病院であるといえるでしょう。

准看護師に人気の職場ランキング

1.中小の病院やクリニック

クリニックで働くメリットといえば、残業が少なく夜勤がない、近所にあると通勤時間が短い、休日が固定されている、専門性を深めることができる、等があります。
クリニックや中小規模の病院は入院施設のないところがほとんどなので、昼間の時間帯で働くことができます。そのため、主婦の方にも人気の職場となっています。小規模でアットホームな環境ですので、働きやすいと感じている方が多いです。

しかし、お給料に関しては、夜勤がないために病院などに比べて低くなることは避けられません。また、少人数で働くことになりますので、1人に求められる能力は高くなるでしょう。
即戦力のある准看護師のある准看護師を募集している職場も少なくありません。ある程度経験がある人の方が採用に有利にはたらくといえます。

2.介護施設や訪問介護

介護施設では看護師または准看護師を配置する義務があります。そのため介護施設での需要も高いですし、准看護師の雇用条件も決して低くないので、介護施設の求人に注目している准看護師も多いようです。
病院で働く場合、正看護師と准看護師の給料・時給の差が大きいケースが多々見られますが、介護施設・訪問介護の場合、若干の差はあれど病院ほど大きいものではありません。
また、准看護師の方が安く雇えるという経営側の視点からも、介護施設において准看護師の需要が高まっているといえます。

3.病棟の夜勤専従の仕事

夜勤専従というと、日勤の仕事と掛け持ちのダブルワークであったり、いったん定年になったベテラン看護師がパートとして勤めているイメージがありますが、なかには常勤で夜勤専従という勤め方を選んでいる看護師もいます。
例えばシングルマザーの場合、24時間託児所完備の病院であれば、子どもが託児所で眠っている間に働くことができ、勤務日の合間の連休はゆっくりと子育てができます。病児保育や学童保育完備の求人も見られ、頼れる親族がいない場合に助かります。

給与条件の良さもまた、大きなメリットです。子どもが小さくなくても、効率的にお金を稼ぐ必要があるから、という理由で夜勤を増やしたい方もいるでしょう。
「昼間は資格取得のために学校に通って夜に働きたい」「目標のためにお金を貯めたい」など明確な目的がある場合や、交代制よりもいっそ夜勤専従の方が体力的に楽などの理由で、夜勤専従をという働き方が選ばれています。

採用にあたって准看護師に求められることとは?

准看護師と正看護師は、仕事内容でいえばほとんど変わりはありません。しかし、准看護師は自分で判断して看護を行うことができないため、基本的に正看護師と求められるスタンスが異なります。

医師や正看護師とのコミュニケーション能力

准看護師は正看護師と違い、自分の判断で看護を行うことができず、医師か看護師の指示が必要になります。
また、准看護師から看護師に指示をすることもできません。しかし、業務の責任面においては、准看護師は医師か正看護師の指示で動くため、直接の責任は指示をした上司がとることとなります。
伝達ミスを防ぐためには、勝手に自分で判断しようとはせず、指示を正しく理解するコミュニケーション能力が必要となります。

新しい知識や技術を習得しようとする意欲

養成機関において、正看護師では「看護計画」を中心に、准看護師では「療養生活の援助」中心に学びます。カリキュラムが変わった今でも、准看護師養成所における実習では「看護問題立案→計画→実施→評価」の課程がほとんど実践されません。

しかし、いざ現場にでてみると正看護師に求められる知識や技術を、准看護師が求められる場面は多々あります。そのため、新しい知識や技術を積極的に学び、習得しようとする意欲は必要です。
ただしどんなに優れた准看護師でも、正看護師に比べ昇進しづらいという現状があります。キャリアアップをしたいと思ったときには、正看護師を目指すのもいいかもしれません。

准看護師に人気の求人を探してみよう!

看護師専門の転職サイトでは、准看護師の求人も多く扱っています。会員登録からサービスまで、すべて無料で利用することができます。
登録をすると専任の転職コンサルタントがつきますので、求人探しから入職後の手続きまでのフォローを任せることができます。

また、看護師専門の転職サイトでは、これまで多くの求人紹介をおこなってきた実績から、全国各地の病院の情報を把握しています。そのため、病院の給与や福利厚生など待遇面での情報のほか、職場の設備や雰囲気、人間関係など、入職前に知っておきたい情報も知ることができます。
転職コンサルタントとの相性もありますので、あらかじめ複数の看護師専門の転職サイトに登録しておくと、より良い転職先を見つけることができるようになります。