新人准看護師の転職事情

time 2017/02/24

新人准看護師の転職事情

新人の准看護師は転職できるの?

就職して間もない1~3年目の准看護師。やっとの思いで准看護師の資格を取得したものの、待ち受けていたい想定外のハードルの連続に愕然とすることがあります。憧れを胸に抱いて就職したはずが、こんなはずじゃなかった…と嘆く人もいるでしょう。そんなとき、よぎるのが「経験が浅くても転職できるの?」という疑問。今回は新人の准看護師の転職について考えていきましょう。

新人の准看護師が転職を考える理由は?

お給料や人間関係、仕事の難しさや、夜勤・残業の辛さ…准看護師が転職を考える理由はさまざまです。一ヵ所である程度の経験を積むことは大切ですが、無理をして体調を崩しては元も子もありません。新人の准看護師が転職を考える理由については下記をご覧ください。

職場になじめない

入社して間もない新卒看護師でも、上司や先輩から嫌がらせを受けたり、同僚から陰口をたたかれたりと、人間関係のトラブルを抱えている場合があります。自分に原因があるのかもしれない…と思いつめてしまい、苦しい思いをすることも。
指導が厳しく感じられたり、患者さんや家族の対応に悩んだり、気を使う場面はたくさんあります。

また、職場によっては正看護師と准看護師の派閥があるところもあります。正看護師が准看護師を上から見ている場合や、経験年数の長い准看護師のお局さんが新人の正看護師に強くあたるなど、資格の違いからすれ違いが起こってしまうのです。
対策としては上司に相談するなどの方法がありますが、それでも改善されない場合は、職場を変えるという選択肢も必要になります。

業務がハードで辛い

二交代制や三交代制など、不規則なシフトで苦労することもあります。次第に慣れるとアドバイスを受けても、長期間不調が改善されなかったり、睡眠不足が習慣化し、退職を余儀なくされることもあります。
また、看護業務自体が合ってないと考えて退職を考える人もいます。仕事はハードなのに覚えることが山ほどあり、加えて研修が重なったりすると、心身ともに疲弊して続けるのは難しいと悩むこともあります。
生命に携わる現場を目の当たりにして、ショックを受けてしまい、そこで転職を考える人も。
准看護師の場合、正看護師より収入が低いのに同じような仕事を任されることがあり、それを不満に思う面もあります。

結婚・妊娠などのライフイベントがあった

就職してすぐに、結婚や妊娠などのライフイベントが起こることもあります。結婚の場合は旦那さんの協力があれば続けられないこともありませんが、出産の際にはそうはいきません。産休をとるという手もありますが、新人准看護師は言い出しづらいものです。
結婚や出産をしても続けている准看護師もいますが、病棟勤務のほとんどは独身が占めています。いちど退職し、家庭との両立が可能になってきたころに復職しようと考える人もいます。その際、夜勤がない、残業が少ないといったワークライフバランスを重視した働き方を選ぶことが第一です。

新人准看護師が転職するメリット

准看護師の転職では、経験年数や仕事内容に応じて、メリット・デメリットがあります。例えば新人の准看護師が転職する1番のメリットは、選択肢が豊富なこと。経験年数が浅い分、雇用側も育てる体制でいるので比較的転職はしやすいと言えます。そのほか、具体的にどのようなメリットがあるのか掘り下げていきましょう。

自分の希望に合った職場を探すことができる

現在看護師は売り手市場のため、准看護師が働ける職場は無数に用意されています。クリニックや診療所のほか、病院以外でも募集はあります。そのため、多くの准看護師が「自分に合う職場」を求めて転職を経験しています。
もし今の職場で3年ほど耐えたとしても、その後に転職する可能性はゼロではありません。経験を積むことで転職はしやすくなりますが、1からキャリアを積み直す必要があることも確かです。
もし新人准看護師のうちに転職をすることができれば、いち早く自分に合った職場に出会い、その場所で長年キャリアを積むこともできます。

今ある問題を長引かせなくて済む

現在の職場の雰囲気や、人間関係のトラブルなどが原因で、転職を考えることもあるでしょう。そして、ほとんどの准看護師が状況を変えようと、最大限努力したかもしれません。
その結果、解決するケースもありますが、時には「もうこれ以上、何をやっても無理」とお手上げ状態になることもあります。そういった場合には、早い段階で見切りをつけないと、心身ともにバランスを崩しかねません。
新たな環境で准看護師の仕事を再スタートできるよう、早めの決断をすることも時には大切です。

転職後も丁寧に教えてもらえる

就職後、3~4年目など中途の状態で転職をした場合、病院側から即戦力としてみなされます。そのため、丁寧に仕事を教えられる機会はあまりありません。しかし、新卒のうちに転職をしておけば、新たな職場でも「まだこの准看護師は丁寧に教える必要がある」とみなされますので、中途採用の准看護師とは比べものにならないくらい丁寧に指導してもらうことができます。

新人准看護師が転職するデメリット

メリットがある一方、もちろん新人准看護師ならではのデメリットもあります。デメリットについては下記をご覧ください。

新しい職場での同僚から低く見られがち

新人の時には何年か辛く厳しい経験をして1人前になるという認識があります。
新人看護師のころに転職をしたという事実は、周りの看護師から見ると「前の仕事をしっかりと経験する前に辞めてしまったのかな」という考えが頭をよぎるでしょう。
看護師の仕事はどの職場もそれなりに大変な仕事ではあるので「転職してきてもやっていけるのか」という風に思われてしまうことがあります。

看護師専門の転職サイトの転職コンサルタントに相談しよう

いま続けるべきなのか、耐えるときなのか、分からなくなってしまったときには看護師専門の転職サイトの転職コンサルタントに相談すると良いでしょう。自分ひとりで悩んでいるより、確実な答えが得られることがあります。無理に転職を勧めることはなく、状況によっては「転職するより、今の職場にいた方が良い」とのアドバイスもしてくれます。そのため、転職のプロとして安心して任せることができます。職場の人に相談しづらい場合には、とても頼りになる存在です。