働きながら准看護師の資格を取得できる?

time 2016/11/02

働きながら准看護師の資格を取得できる?

働きながら准看護師の資格を取得できる?

近年、社会人から看護師になる人が増加しています。社会人経験のある方が「看護師になりたい」と思う理由はさまざまですが、「社会人経験があるからこそ」看護師として活躍できる業務があります。
看護師は資格をとれば一生働ける仕事で、就職先に困ることもほとんどありません。最近の不景気の影響をうけて、社会人を経験してから看護師を目指す人も増えてきています。しかし、学生になっていきなり収入がなくなってしまうことが不安な人も多いと思います。
そこで今回は、社会人をしながら看護師になる方法について考えてみましょう。

准看護師へ転職を考える社会人が増えている3つの理由

今まで他業種で働いていた人にとって、看護の世界へ足を踏み入れるのはとても勇気のいることです。准看護師を目指す理由は人それぞれ異なりますが、多くは以下のような理由です。

1.准看護師の方が年収が高い

働き方によって看護師の収入には大きな差がありますが、フルタイムでも夜勤が可能であれば、看護師はかなり高い収入が見込めます。現在の仕事が収入的に不安定だと感じている人が、高収入を得られる看護師に魅力を感じることもうなずけます。

さまざまな職業の年収に関して調査を行っているサイトの調べによると、准看護師の平均年収は409万円という結果がでています(平成26年時点)。国内企業に勤める女性の平均年収が250万円~300万円だということを考えると、准看護師の給与は高い水準にあるといえます。

2.採用のニーズと雇用が安定している

全国的な高齢化の影響を受けて、近年看護師の求人は増加傾向にあります。看護師の国家試験合格者数は毎年5万人を超えているにもかかわらず、求人サイトには看護師募集の情報があふれています。
病院のほか、老人ホーム、献血センター、その他でもさまざまな所で看護職は必要とされています。かつ看護師という仕事はきついとも思いますが、実際はピンキリなのです。

例えば、修学旅行の付添い、イベントの救護室の待機、美容整形の看護師などは体力を使うことなく働ける仕事といえます。一般的に定年は60歳ですが、この看護師不足の状況もあり、かつベテラン看護師が重宝されることもあり、定年はあってないようなものであることも事実です。

3.正看護師の資格を取得しやすい

准看護師資格取得をするメリットは、学歴に関係なく資格を短期間で取得できるため正看護師と比べてハードルが低く、早くから現場で働くことができるという点です。
准看護師資格は最短2年で取得できるため、早く現場に出て働くことができます。

このような理由から、年間約1万1千人が准看護師になり、平成23年末時点では、全国で約38万人が准看護師として働いています。(日本看護協会より)
個人的な経済的理由や、働きながら資格を取得したいといった理由のほか、中卒だと正看護師養成学校に入学できないため、まずは准看護師を目指すといった方もいます。

働きながら准看護師の資格を取得する方法

准看護師になるには、2つのルートがあります。1つ目は、中学卒業後、高等学校衛生看護科へ3年、定時制では4年通学。2つ目は、高校卒業後、准看護師学校へ2年通学。これを修了することで、准看護師試験を受けることができます。

普通科の高校生は平日は毎日朝から夕方まで通学しますが、準看護学校ではよりゆとりのある通学時間となっています。
厚生労働省の基準では、準看護学校の授業時間は1,890時間以上と定められていて、これに沿って下記のような2つのコースから選ぶことになります。

週3日・全日制の准看護学校に2年通う

この場合、時間割は8:30~17:00までとふつうの学校と変わらない時間割になります。よって空いている曜日でアルバイトをすることが可能です。2年生になれば病院での実習が入ってきます。

週5日・半日制の准看護学校に2年通う

学校によって異なりますが、5日制で多い時間割は13:00~17:00の時間帯です。午前や午後、まれに夜間もあります。2年生になれば週3日は病院での実習、残りは学校となる場合が多いようです。

奨学金や支援金を利用して正看護師を目指すのも1つの方法

  • 都道府県や自治体の奨学金、生活扶助
  • 準看護学校へ通う多くの方が利用している奨学金で、一般的に毎月の授業料程度の金額が支給されます。

    卒業後指定病院で、決められた期間就労することで返済が免除されます。

  • 病院付属学校の奨学金、生活扶助
  • 病院によって制度は様々で、一定期間その病院に勤務することで奨学金がもらえたり、奨学金を受けたからといって、必ずしも卒業後その病院で働かなければならないというわけではない場合もあります。

    しかし心理的に、奨学金をもらったからにはお礼奉公としてその病院に就職するという方が多いようです。返済免除の制度も学校によるので、しっかり確認しておきましょう。

  • 日本学生支援機構の奨学金
  • 準看護学校の場合、専修学校区分で申請します。返還免除はなく、卒業後働きながら返済していくことになります。月額3万円からといった少額融資もあります

    そのほか医師会所属病院で学費減免、生活扶助を受けることができたり、複数の奨学金を同時に利用できるケースもあるので、学校を選ぶ段階でしっかり確認しておきたいですね。

看護師の仕事内容や年収を実際に見てみよう!

准看護師を目指すにあたり、実際の仕事内容や年収を知ると、よりモチベーションのアップにもつながります。看護師専門の転職サイトに掲載されている案件は、すべて看護師の求人に特化したものです。そのため、希望する条件で検索し、仕事内容や年収を調べてみると、今後のイメージがしやすくなります。登録をすると、さらに好条件の非公開求人を見ることもできるのでおすすめです。